会社概要
社名:Plug-in Architects Inc.(プラグイン アーキテクト 株式会社) 

事業内容:建築の企画・設計・監理
本社:
〒102‒0093  東京都千代田区平河町2-5-3 5F みどり荘永田町
TEL:03-6890-8683
設立:2020年3月23日
資本金:¥3,000,000-
代表:代表取締役社長 イルギン エズギ トゥンチ
取引銀行:

東京三菱UFJ銀行  

三井住友銀行

About

Company name: plug-in architects Inc.
Foundation: 2020
Business content: Architectural design / Interior design / Furniture design
Address:
2 Chome-5-3 Hirakawachō,5F Chiyoda City, Tokyo 102-0093
President: Ilgin Ezgi Tunc
Tel: +81 3-6890-8683

パートナー/スタッフ
002.jpg

yashiro photo office 2020

Ilgin Ezgi TUNC / イルギン  エズギ  トゥンチ

1988  トルコ、イスタンブール生まれ

2011  ミラノ工科大学卒業

2014  同大学院修了

2014- ミラノ工科大学非常勤講師

2015- 藤本壮介建築設計事務所

2020- Plug-in Architects株式会社 設立

2020- &LAB 設立

 
 
 
 
 
 

1988  Born in Istanbul, Turkey
2011  Studied in Università Di Trento, Italy
2014  Completed Master`s degree in Architecture 

Politecnico Di Milano, Italy
2015- Sou Fujimoto Architects, Tokyo
2020- Founder Plug-in Architects Inc. Tokyo

2020- Founder &LAB

 
 
 
 

建築・デザイン会社

デザイナーたちのためのSharecrafting(共創)

当社のマニフェスト(2020年9月)

Plug-in Architects(プラグイン アーキテクト)社は東京に拠点を置いていますが、実際にはサイバースペースに置かれた組織で、これまでにない新しい方法で設計サービスを実施・提供しています。創業者のイルギン・トゥンチはトルコ出身の建築家で、イタリアで学び、東京で働きながら実績を積み、「プラグイン式建造物」の原型ともいえる中銀タワーのカプセル改修や、他の既存の建物に寝台として差し込む木製モジュールの設計・製造等に取り組みました。現在は、小規模なもの(家具一点物)から、構造物の全面的なリノベーション、「戦術的都市計画」に至るまで、より幅広いプラグインの可能性を提案しています。彼女は世界の様々な都市に住むデザイナーのための非公式なネットワークのハブとして当社を設立し、現在は東京、イスタンブール、ミラノ、ニューヨークに住む同僚と共にサービス提供を行っています。

Plug-in Architects社は、既存の建物や街並みの改善を目的とするサービスを提供することを目指しています。私たちのメンバーは必要に応じて集まり、各々のプロジェクトに対する助けを求めることができます。それは古代の農耕システムであるシェアクロップ(分益小作制度)のように、「シェアクラフト」(”分益工芸制度”)のような新しい形態へ発展してきました。プラグインのコンセプトを広めるために、イルギンはインターネット上で国際的なワークショップを開催し続けています。

Plug-in社は特定のスタイルのデザインを推進するのではなく、むしろ様々な働き方について推進しています。なぜなら、多くの場所にはすでに十分な数の建物が存在しているにもかかわらず、その多くが未使用であり、再利用のためには修繕が必要であると考えるからです。デジタルネットワークのコミュニケーションの流動性(2020年の3ヶ月間の外出自粛(’Stay Home’)期間で明確になった特徴)を利用して、オフィスはオープンソースのようなものになり、参加者は共同作業をしたいときにプラグインして、リーダーとして、あるいはプロジェクトのヘルパーとして協働することができるようになりました。

Prof. Richard INGERSOLL , Politecnico Di Milano & Syracuse University Florence Italy

Manifest September 2020

Share-crafting for designers

Based in Tokyo, but in truth better situated in cyberspace, Plug-in Architects represents a new way to conduct and deliver design services. The founder, Ilgin Tunc, trained in Italy but originally from Turkey, has worked in Tokyo for several years on several precedents, including the renovation of the Nagakin Tower (the original plug-in) and the production wooden modules inserted as sleeping cubicles into existing buildings. She has moved on to propose a wider range of plug-in possibilities from the small scale of single pieces of furniture, to complete renovations of structures, to tactical urbanism. She opened her office to become an informal network of designers, who live in various cities throughout the world, including colleagues in Tokyo, Istanbul, Milan, and New York.

 

The guiding idea of Plug-in Architects is to offer services to improve existing buildings or streetscapes. Each of the members of Plug-in is either called upon when needed or solicits help on their own projects. Someone like the ancient agricultural system of share-cropping, it has evolved into a system of share-crafting. To promote the idea of Plug-in, Tunc organizes international workshops executed over the internet.(piaLAB)

 

Plug-in does not promote a style of design but rather a method of working, believing that in most places there are already enough buildings, but that a large quantity of buildings and spaces are underused, in need of repair, or could be reprogramed. Exploiting the communication fluidity of digital networks, which was made evident during the three-month confinement of 2020, the office has become analogous to an open source in which participants can plug-in when they want to collaborate, either as leaders or as helpers in plug-in projects.

Prof. Richard INGERSOLL , Politecnico Di Milano & Syracuse University Florence Italy